FC2ブログ

7/31-4. 8/4-2

ただ、何で知っているの?と言う事もあるので、信憑性は高い。妹に隠し事はバレる。現に、私や親が妹に話していない進路妨害・110番事案も知っていて、以前は自転車外出だったのに、、怖がって自動車で外出するようになった。結果的に家族や友人知人に迷惑掛けて申し訳ない。ただ、元相手と知り合わなければ良かったと言っても始まらないでしょ。過去の事を言っても。他には防犯カメラ設置の告知。見せる防犯・犯罪抑止力。
尾行しても判明する根拠は後で述べる。調子こいていると痛い目にあう。私が言う言葉では無い。私は既に自戒・自制だ。攻撃は論外。先方から被害受けても、やったらやり返す行為はしないで既に2011年、警察で手続済。2010年当時の弁護士(今は親が業務顧問契約者で、私は部外者・契約外)や警察の助言、指導、指示でやっている行為を揚げ足取りして、私がストーカー被害者と、元相手が言う様なでっち上げも無いとも言えず。
そうした利己的な元相手の性格も。それは2009年に経験済。普通カップルなら365日近く、顔を突き合わせるのだから、隠し事をしないで、欠点や足りない所を互いが補い支え合うのが普通。元相手の場合は逆手にとって揚げ足取りの上で、心の支配・操縦に使用。恫喝です。利己的に自分の事は一切しゃべらないでプライバシー云々。それも、同じ女性の視点で見た妹も、おかしい旨を話す。妹の言っている事は妥当だと思う。
私は損して得を取る、品行方正、遠回りでも手順を踏む。周囲の皆さんに感謝します。元相手周囲男の身元判明も。幕張方面在住とボカス。後は第2の警察系列にも別途、判明した情報を提供。イザ民事や、刑事面での被害・迷惑行為発生時に、普段から記録していたデータが威力発揮する。グレーデータを警察に渡しても、意味が無い。無根拠データを渡す様な物。難しい所です。また、Nさん経由で情報漏洩も判明。*を欺くには、まず味方から。
チェックデジット付き情報を、そのまま引用してNPOや団体に話していませんか。事実と異なる情報。いつも姑息な手口で、人伝とかばかりで、ちゃんと向き合って話をしない元相手。そんな事はどうでも良い。一般論として、相手が誰であれ、直接本人が聞けないいでしょ。当方も以前、「話を聞いてくれない」と騒いでいたので警察署の会議室借りて、警官立会の元、話を聞く算段もしていた。結局、蹴っているのだから放置です。
ブログでしか流していない情報を元相手が知っているとなれば、前記話も知っている。後は元相手一家の独り善がりに近い。私が関知する事では無い。相手一家の考えもあるでしょうから。一旦話が終わっている以上、「私はこうされた」は無効です。わたしは終結前に裁判所での事情聴取時、話しましたから。その5/2~2/1をネット上で話している(0.5)に過ぎない。相手を簡単に特定出来ない形で書いている。
捕捉で内輪支援者等に口頭で伝えて(0.5)始めて1となる。計算式は0.5+0.5=1。ネット上で私が書く要領得ない内容話も、プライバシー保護上の理由から、どうしてもこうなってしまう。その点は御容赦願いたい。
ドライブレコーダーも、元相手の件を機に購入取り付け。いろいろ金かかったね。結納金でも、家財道具購入して持って来なかったとウチ親主張。両家食い違いを見せる。家財道具はあるし、足りない分を当方一家で出しますからと、2010年5月GW段階で、了解を得ていた。その一方で立替金未払いがある。独身時の年金滞納や、独身時に1度失効した運転免許取得費用。54.6万余り。
百歩譲って、元相手母親の言うとおり相殺ゼロにしても、生活維持困難な疾病不実申告もあり、私も寝たきり歴、自殺歴は知らされておらず。ウチの家族が憤り。普通は生活支障ある病歴あるなら病気の診断書、医療機関や調剤薬局の情報提供書を見せながら病気の説明も無し。騙された側が報われず。縁を切りたいから、その金銭請求を相手一家に行っていない。
むしろ、元相手一家が金銭請求して来た時用の保険代わりに親がキープしているのか不明だ。ただ、私の結論としては、金銭関係は双方請求無しが無難。小さい事が積み重なって絡まった糸を、ドアを通り抜けられない雪だるまから、やっとドアを通り抜けられる位に小さくしてきたのが金銭問題。後は感情しこりか。
2010年10月、私はこうされたと吹聴・流布の為、これはどういう事なのか、話を聞く意味で警官立会の元、警察署で話を聞く話はBNで書いた。無視して蹴っ飛ばし放置なら、反論異論無しとして処理。だったら初めから言わなきゃいい事。私のいる前で1対1でも話せず、更には両家顔合わせ3対3でも蹴り続けて来た。それでいて、魔女裁判の如く、陰で言う行為。
それで2010年夏、ウチの親が負け犬の遠吠え論を展開し、まともに相手にするなと言う感じでしたね。まともな相手だったら、始めから話し合いを蹴っ飛ばしたりして、いきなり裁判所沙汰にしない旨を主張。確かに突飛ですね。姑息かつ卑怯な手段を用いて話している以上、相手にする必要無し。実例が周囲男女が尾行したりする付きまとい・事実上の監視。通行と称した近所徘徊。元相手が乗っていて隠れる事も。
時にはNさんに探りを入れさせる手口。以前、Nさんと私が会っている時に、聞き出して欲しい事項とかメールでコッソリやりとりとか、お見通しです。そうで無くても結果的に情報がNさん経由で元相手に情報漏洩。聞きたい事があったら、伝言ゲームみたいに、話がねじ曲がる可能性があるので、直接、私の家族に聞かれたらどうでしょう。私に会いたくないのなら、私の家族に直接聞けば良い。私は会いたいとも思いません。
論より証拠、元相手父親みたいに押し掛けて来たり、馬鹿野郎と女性(妹)に対して罵倒したりする事は無いです。現に2010年7月中旬から2年間、私は一言も、元相手と口をきいていません。当方は要求や交渉を一貫して実施していません。意見提案はしますが。スグ曲解・早合点する元一家ですから、交渉・要求して来たとか、発言をしている可能性はあります。
そもそも、謝罪要求を今まで求めておらず、実態解明でしょう。
スポンサーサイト
[PR]

リンク
アクセス
カテゴリ
QR
QR
アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフ

chihana043

Author:chihana043
≪要PW原稿を読むには≫
【雑音mag2版の無料登録を】
mm登録、解除(右上リンク参照)
◇事前(意思形成過程)情報、個別ケース(個人)情報を扱う為、内輪向け内容は要PW制に。
◇PW不定期更新時、mm配信。再発行無い為、次回PW発行までメルマガ保存を。

インフォメ
工事中